知りたい!店舗デザインの依頼

おしゃれな店舗をつくろう!

このサイトでは、店舗デザインについての工夫や計画の立て方などを、事例を交えながら分かりやすく紹介していきます。
お店をこれから開業しようとしている場合や、リニューアルを検討している場合、二号店などを新たに立ち上げる際に読んでおくと役立つノウハウやアイデアが詰まっています。
店舗の内装や動線計画などをどうすれば良いか悩んでいる人には必見の情報が盛りだくさんですので、是非ご覧になってヒントを得てください。

店舗デザインは事例を参考にしよう

店舗デザインは事例を参考にしよう 店舗デザインを考える時に、今まで足を運んだ店の中で印象や雰囲気の良かった場所を思い出したり、それらを足掛かりにして企画を詰めていくことがあるかと思いますが、曖昧なイメージで始めてしまうと情報の認識に齟齬が出たり上手く伝わらなかったりします。
そんな時には、店舗デザインの事例として様々な写真を集めてきて、それを資料にしながら検討を進めると良いです。業態の近い店や規模感が同じくらいだと、そのまま参考にしやすいです。
また立地にあった雰囲気やターゲットとなる客層をしっかりと考えることも必要です。色使いなどは、企業カラーや訴求したいブランドイメージを考慮の上でストーリー立てて決めると、好みだけに左右されません。

サービスに合わせて店舗デザインを構成していく

サービスに合わせて店舗デザインを構成していく 消費者が店舗を来店する目的は、何か買い物をしたり、サービスを受けたりしたい為です。その為、明らかにどのような事をしているのか分かる店舗デザインを施すのが望ましいでしょう。
飲食店であれば、料理の美味しさが表れているデザインにしたり、ホームセンターのように様々な商品を販売しているのであれば、何でも揃っているというイメージを表していきます。
サービスが分かる店舗デザインを構成していく際には、企業が売り出したい方向性を決めておく必要があります。専門店であるのか、それとも総合的に物を販売していく店なのかと方向性が異なれば、店舗デザインも変わってきます。
消費者が魅力を感じられるサービスを提供している事を示すように、店舗デザインを構成していけば、多くの人々に店ではどのような事を提供してくれるのかが分かり易くなります。
販売している物や奉仕している内容とかけ離れた店舗デザインにしてしまうと、顧客を獲得出来る機会を失う可能性があります。
店が提供している内容を分かり易くする為にも、店のデザインにはその内容をどこかに反映させておき、その上で競合他社と差別化を図る事が出来るデザインに仕上げていけば、ブランドを構築していく事が出来ます。

繁盛店を実現するための店舗デザインのポイントとは

飲食店やヘアサロンのオーナーは、売り上げアップのために定期的に店舗の改装を行っています。
そして繁盛店の店舗デザインを参考にしたうえで、実績の多い施工会社に発注しています。
一方で立地条件によって理想の店舗デザインは異なっており、プランを考える場合には綿密に調査を行う必要もあります。
地域住民の年齢構成や消費の傾向も調べると、個別の店舗に適したリニューアルのプランを見つけることが可能です。
しかし店内がお洒落になった場合でも、仕事がしづらくなるというデメリットも生じる可能性があります。
けれどもスタッフの動きを考えて設備を配置すると、改装後には更に働きやすい職場環境が実現できます。
機能的な店舗デザインを選ぶと、接客の効率のアップによって売り上げも増やせます。
また働きやすい環境になると、アルバイトの募集も容易になります。
様々な観点から施工プランを構築することが、良い店舗デザインの実現にもつながります。

店舗デザインを変えるときはリスクの可能性もある

店舗デザインをリニューアルする際は、どんなリスクがあるのが注意しなくてはいけません。
例えば、それまでの店舗で顧客がついている場合などがあげられます。
顧客が今の店内を気に入っていたりするときは、デザインが変わった後店に来なくなる可能性もあるからです。
もし、店舗デザインを変えたいのならその前の雰囲気を残しつつ新しいイメージができるように考えてください。
デザインを変えるにあたり、店内の配置を変えることも珍しくありません。
その場合は、以前より動線がよく買い物しやすい空間になるよう工夫することが大切です。
リニューアルが失敗したときは、新たにデザインを変更することが求められます。
出費も大きくなるので、なるべくは避けたいところです。
可能であれば、事前にパソコンなどを使ってイメージのCGを作ってもらうなどして確認することをお勧めします。
不安なときは、他の店を参考にしたりプロに相談してみるのも一つの手です。

店舗デザインは販売するもののイメージで決める

店舗デザインは、販売するものや提供する料理のイメージによって変える必要があります。
例えば、ケーキやアイスクリームの洋菓子と饅頭などを扱う和菓子店では一般的に店舗デザインは変わってきます。
というのも、道端を歩いている人が店のイメージで店内に入るか決めるからです。
どんな店、どんな商品が欲しいかで入る店は変わるという点に注意してください。
意表をついたデザインをと考える人もいますが、あまりお勧めすることはできません。
洋服を買いたく店内に入ったけれど、画材を扱う店だったということが起こるからです。
ごく稀に、店内を楽しんで新しい顧客になることもあります。
ただ、多くの場合は目的と違ったからと言ってすぐに出て行ってしまいます。
さらに、本来来てくれるはずの客さえ逃す可能性が高いので注意が必要です。
店舗デザインは、販売するものに合わせて考えていくことが大切です。
まずは、同じ種類の販売物を扱っている店をいくつか見て参考にしてみることをお勧めします。

経営者が店舗デザインを考える場合の注意点とは

独立開業時の店舗デザインでは、お洒落で斬新なイメージのプランを選ぶのが一般的です。
しかし地域のニーズに合ったデザインでないときには、集客に結びつかないという問題もあります。
そのために店舗デザインを決める場合の注意点としては、入りやすさや居心地の良さにもこだわることが挙げられます。
様々な店舗をプロデュースしてきた専門家に相談するのが、売り上げアップに直結するデザインを決めるための基本です。
改装しやすいデザインにすることで、将来的なリニューアルのコストも最小限にできます。
一方で飲食店の場合には、業態の転換に伴って店内をリニューアルすることがよくあります。
既存設備などを生かしながら雰囲気を変えるのが、業態転換で店舗デザインを考える場合のポイントです。
親身になって相談に乗る設計事務所を活用すると、工期が短くて費用も割安なプランを示してもらえます。
更に収納が充実したプランを選ぶと、商品などの整理も容易になります。

お洒落空間を作り出す店舗デザインは原状回復を気にすることは重要です

飲食店やカフェ、バーなどのフードサービス業以外でも、サロン系や雑貨店などを営む方で、賃貸物件を利用する際には、店舗デザインは後々のことを考えて、原状回復をしやすい方法で施工することは必要です。
大きく壁や天井に穴を開ける工事や、装飾物や照明器具を多数設置するような工事では、退去する際に莫大な費用が請求されてしまうことはあり得ます。
推奨できる店舗デザインは、プロフェッショナルとして行っている会社の中には、賃貸物件向けのテクニックを持つ会社があるので任せることでお洒落な空間を作り出し、簡単に取り外しができる仕上げを可能にします。
例えば壁の雰囲気を変えたい場合、通常はクロスを貼る方法が採用されますが、現在では貼っても綺麗に剥がせるクロスが販売されているので問題になることはありません。
タイル風やレンガ風の壁に粘着テープで貼り付ける壁材もありますが、この材料も綺麗に剥がせるクロスの上に施工をすると元々の壁を傷めることは無くなります。
照明器具はダクト式を採用する方法があり、元から備わっている接続金具の1か所から何本も接続できる機種があるので、大きな工事を必要とせずにお店の雰囲気をお洒落にでき、当然ながら原状回復問題もクリアできるのではないでしょうか。

顧客とスタッフの動線を重視した店舗デザインとは

飲食店や物販店のリニューアルでは、動線を重視して店舗デザインを構築する必要があります。特に物販店で売り上げを増やしたいときには、設備の配置を工夫して回遊性を高めることが重要です。来店者の滞在時間が長くなると、必然的に購入する商品の点数も増えるからです。
アパレルショップの店舗デザインに強い設計と施工の会社であれば、繁盛店が目指せるプランを提示できます。一方でレストランが新たに店舗デザインを構築する場合には、ホールスタッフの動線を重視するのが一般的です。
キッチンからホールまでのスタッフの動きをシミュレーションすると、最適なレイアウトを見つけることができます。また来店する人のタイプを考えてカウンター席を設置すると、接客の効率性もアップします。様々な店舗レイアウトの図面を比べると、手ごろなプランを選べます。
ホールスタッフが働きやすくて座席数も最大限に増やせるプランは、飲食店のオーナーにも人気があります。

店舗デザインを考えるときに顧客導線を意識すべき理由を解説

店舗を立てるときにきちんと考えておかないといけないのが店舗デザイン。このときに重要視すべきだとよく言われるのが、店舗の顧客導線。これがいかに大切かをここで解説していきます。
店舗デザインを考えるときに導線を意識するべき理由として挙げられるのは、顧客を上手に店舗の奥まで進めることができる点です。導線がしっかりと決まっていれば、入り口から店内の見てほしい点を確実に確認してもらうことができ、物の売れる可能性、ないしは顧客に長居して貰える可能性が高くなります。
店舗デザインを決定するときはいかにして目玉の商品や展示物を置くか、広告をどのような場所に設置するか、どのような順番で商品を見てもらいたいかなどを決め手にすることで顧客導線を意識しながら決めることができます。
これが、店舗デザインを考えるときに導線を意識すべき理由です。意識しているとしていないとでは売上などに大きな差が出ますのでしっかりと意識しておきましょう。

生産性の高い店舗デザインで効率アップを実現

店舗デザインを考える上でのポイントのひとつが、生産性のある設計になっているかどうかです。店内のベース次第で動線は大きく変わってきますし、根本的なデザインに欠点が生じているようでは、設備のレイアウトの変更で環境を整えることも困難です。
業務に即した店舗デザインを開発することでスムーズでムダのない動きを実現でき、効率のアップにより生産性の拡大も図ることが可能です。
ひいては従業員の働きやすさの向上、利用客への高品質のサービス提供も行えるようになり、総合的に完成度の店舗として運営を行っていくことができるでしょう。最適な店舗デザインを導き出すには、目的を明確にすることが大事です。
スタッフの動線を重視したいのか、広々とした開けた店内を目指すのかなど、求める効果や完成のヴィジョンをはっきりさせておかなければいけません。納得がいくまで専門デザイナーとの相談も重ねながら、理想的な店舗デザインを作り上げましょう。

店舗デザインの依頼でトイレには掃除のしやすさにこだわると万全です

店舗デザインを行っている専門会社があり、デザインだけではなく施工も行う会社もあるので、新規に店舗をオープンさせる方は該当する会社のホームページを参照すると得意分野を理解することができます。
店舗デザインは床や壁、照明器具など基本となる場所だけではなくカウンターや家具の他、トイレも重要な場所になります。店舗の業種によって違いがありますが、お客さんが利用をするトイレの場合は掃除のしやすい素材を使うことは非常に大切です。
便器で推奨できるタイプはタンクレスがあり、給水タンクを無くすことでいたずらの回避を行えます。床面と壁材は臭いや水分を吸収してしまう素材は避けることが最善策になり、例えば金属製のサイディングのようなパネルを採用する方法もあり、汚れが付いても拭き掃除で簡単に除去できます。
壁側はパネル式でお洒落なデザインから自由に選べますが、床材はタイル目地などを作らないクッションフロアを含むフラットな仕上げにすることで清潔さを長く保てます。

店舗デザインで顧客満足度を高めることが可能

魅力的な商品やサービスを提供するだけでなく、店舗デザインをお洒落にすることも大事になります。外観や内装をお洒落にした方が、顧客満足度が高いです。
リピーター客を獲得したいのであれば、他の店との差別化をしないといけません。若い世代を中心にお洒落であることも重視しているので、店舗デザインを改善することで新しい顧客を獲得できる可能性が出てきます。デザインの変更は自分でするのではなく、業者に依頼するべきです。
専門的な知識や顧客満足度を高めるためのノウハウを持っているので、高い効果が期待できます。ただ、業者であればどこでもいいわけではなく、クオリティの高いところを選ぶことが重要です。
比較する際は、実際に依頼した人の意見も参考にしてみてください。利用してみないと分からないことがあるので、参考になる情報が得られます。費用の安さだけで決めるのではなく、集客効果の高いデザインにしてもらえることを重視するべきです。

食欲増進させる店舗デザインで売上を倍増させる

飲食店では法的にも感覚的にも清潔感を保つのはもちろんのこと、導線を確保して配膳業務や回転率を高めるほか、顧客が思わず立ち寄り美味しい食事を楽しむための店舗デザインも重要です。
コーポレートカラーには企業の名称が思い浮かぶだけではなく、取り扱っている商品を想起させる要素も必要です。
例えばカレー店であればカレールーを思い起こすブラウンを基調にしたり、パスタ店であればトマトソースを思い出す赤を基調にするなどして美味しいメニューをイメージさせます。
レイアウトも大きく関与し、厨房から発せられる料理の香りが店内に溢れるのはもちろんのこと、出入り口の前にある通りに流れる設計にすると、もしもお腹が空いている時に通りかかれば食べてみたいという欲求に駆られます。
このような食欲増進を促す店舗デザインを構築することで人間の本能へと訴えかけ、売り上げを倍増できる可能性を秘めています。
視覚と嗅覚、食欲を刺激する店舗デザインを採用すれば、多くの顧客を引き寄せることが可能です。

店舗デザインはシェフに話を聞いたほうがいい

店舗デザインを構築する際には、シェフや料理人の意見を聞くことが重要です。
料理人は店舗のメニューや料理の提供において重要な役割を果たしています。
そのため店舗デザインが料理人の仕事にどのように影響を与えるのかを理解するために、彼らの意見を聞くことが重要なのです。
料理人にとって、効率的な作業環境は料理の品質やスピードに直結します。
料理の調理スペースや調理器具の配置、収納スペースの使い勝手など、料理人が作業しやすい環境をデザインすることは、料理のクオリティを保つために重要です。
料理人は料理の提供スタイルや雰囲気について独自のアイデアや好みを持っています。
店舗デザインが料理のイメージや雰囲気を引き立て、顧客に魅力的な食体験を提供することも重要です。
料理人の視点から店舗のデザインやインテリアを考えることで、料理と一体化した魅力的な店舗空間を創り上げることができるでしょう。
さらに料理人には顧客のニーズや嗜好に対する深い理解があります。
彼らの経験と洞察に基づいたアドバイスや提案は、店舗デザインの成功につながるかもしれません。
顧客の目線で料理の魅力を引き出し、集客力を高めるためにも、料理人の意見を取り入れることは有益でしょう。

間接照明の重要さと店舗デザインについての

店舗デザインを考える上で間接照明の重要性は高いです。
壁や天井などの反射を活用するのが、間接照明です。
直接的に光を放射する照明器具とは異なる役割があります。
間接的な照明の役割は均一な光を空間に広げることです。
直接照明よりも柔らかい印象を与えることができます。
店舗デザインを考える上で場の雰囲気について考慮するのは大切です。
柔らかな光によって、暖かい雰囲気がその場に生まれます。
壁や天井や床を反射で、リラックスした空間を作りだし、店舗の顧客がゆったりとした時間を過ごすことに貢献します。
壁や天井などに向けられる光は、空間を開放的な広く見せる効果などもあります。
店内の要素を目立たせる効果などもあり、特定の商品陳列台などで使用されたりします。
視覚的な効果を上手く活用しますと、店内の雰囲気は独特のものとなり魅力的となります。
店舗デザインにおいてその演出が果たす役割はとても大きいものがあり、光の活用によって店舗の雰囲気は大きく変わります。

店舗デザインにカモフラージュ柄を取り入れているお店の特徴

まず、カモフラージュ柄は自然や軍事的な要素を表現するため、そのお店のイメージやコンセプトにマッチしていることが多いです。
この柄は、鮮やかなカラーパレットや大胆なデザインが特徴であり、店舗デザインに使用することで目を引く存在感を演出します。
また、おしゃれさとカジュアルさを絶妙に融合させることができます。
そのため、お店のスタイルがトレンディかつアーバンな雰囲気を持っている場合に特に適しています。
お客さんにとっては、他とは一線を画したユニークな空間に身を置いていることを感じることになります。
さらに、お店の雰囲気をダイナミックに演出する効果もあります。
柄の緻密さと不規則性が組み合わさることで、視覚的な興味を引き付ける効果があります。
お店の内部や外部に取り入れることでワクワク感や探検心を刺激し、お客さんに新たな発見の喜びを提供することができます。
最後に、カモフラージュ柄はブランドのアイデンティティを象徴するシンボルとしても使用されることがあります。
特定のスタイルやイメージを持つブランドが独自性を強調するために店舗デザインに取り入れることで、ブランドの存在感やポジショニングを際立たせることができるようになります。

店舗デザインは五感で確認をしたほうがいい

店舗デザインは、お店のイメージやブランディングに直結する要素です。
オーナー自身がお店のコンセプトや理念を持っている場合、その五感を反映させることで、独自性や個性を打ち出すことができるでしょう。
オーナーが自身の感性に自信を持っている場合、店舗デザインを確認する際には、その感性を重視することが重要なのです。
オーナーの感性を重視することで、以下のようなメリットがあります。
まず第一にオーナーの感性はお店の独自性を引き出すことができます。
自分自身が魅力を感じるデザインやカラーリングを取り入れることで、他のお店との差別化が図れるのです。
オーナーの感性は、お店の個性を表現する重要な要素となります。
第二にオーナーの感性はお店の理念やコンセプトとの一致を保証します。
オーナーがお店のビジョンを明確に持っている場合、そのビジョンをデザインに反映させることができます。
オーナーの感性に基づくデザインは、お店のコンセプトとの一致を保ち、統一感のある店舗空間を作り出すことができるのです。
ただしオーナーの感性だけに頼るのではなく、デザインの専門家やアドバイザーの意見も取り入れることが重要です。
オーナーの感性とデザインの専門知識を組み合わせることで、よりバランスの取れた店舗デザインを実現することができるでしょう。

店舗デザイン関連のお役立ちリンク

大阪で店舗デザインの依頼なら

新着情報

◎2023/8/25

情報を更新しました。
>食欲増進させる店舗デザインで売上を倍増させる
>店舗デザインはシェフに話を聞いたほうがいい
>間接照明の重要さと店舗デザインについての
>店舗デザインにカモフラージュ柄を取り入れているお店の特徴
>店舗デザインは五感で確認をしたほうがいい

◎2022/7/20

情報を更新しました。
>顧客とスタッフの動線を重視した店舗デザインとは
>店舗デザインを考えるときに顧客導線を意識すべき理由を解説
>生産性の高い店舗デザインで効率アップを実現
>店舗デザインの依頼でトイレには掃除のしやすさにこだわると万全です
>店舗デザインで顧客満足度を高めることが可能

◎2021/10/6

情報を追加しました

> 繁盛店を実現するための店舗デザインのポイントとは
> 店舗デザインを変えるときはリスクの可能性もある
> 店舗デザインは販売するもののイメージで決める
> 経営者が店舗デザインを考える場合の注意点とは
> お洒落空間を作り出す店舗デザインは原状回復を気にすることは重要です

◎2021/3/18

店舗デザインのノウハウの集め方
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「店舗 サービス」
に関連するツイート
Twitter

返信先:やっぱりあそこの店舗はいいね🎵 サービスも良き✨ お兄さんも良き🎵 次は鍋かな😃

Amazonが強いから、、? なるべく本は店舗で買いたいので、通販で買うことはほとんどないのだけれども、寂しいかな、、 「電子書籍については4月1日以降も販売を継続。本の通販に 総合書店「honto」、本の通販サービスを終了へ ネットサービス縮小 大日本印刷が発表

hontoの本当(実物)の本の販売終了! リアル店舗とポイント共有したり頑張ってたのに残念… Amazonの独占を防ぐために高くても買ってたけど、電書も買い難くなるなぁ honto - 「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ

ブランド腕時計を少しでも高く買取してもらいたい人にはおすすめの一括比較査定サービスよね、無料だし✨ 店舗によって50万以上高く売れる可能性があるなら調べた方がお得ね🌺 ロレックス オメガ ウブロ パネライ カルティエ タグホイヤーとか高く売りたい人には嬉しい⌚️ [PR]

検索しやすくて通販、店舗受け取り、在庫確認しやすかった。残念。最後まで使わせてもらうよ。 honto - 「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ - hontoからのお知らせ一覧